FC2ブログ

記事一覧

ダーネヴィール

ダーネヴィール
008a4 Stay your weapons. I would speak with you, Qahnaarin.
武器を下ろすがいい、クァーナーリン。話がしたい

player 007be I thought you were dead.
死んだのかと思った

0053c Cursed, not dead. Doomed to exist in this form for eternity. Trapped between laas and dinok, between life and death.
死ではなく、永遠にこの姿で存在させられる呪いなのだ。ラースとディノク、生と死の狭間に閉じ込められて…

---
player 00252 Why are we speaking?
話すことが何かあるのか?

00816 I believe in civility among seasoned warriors, and I find your ear worthy of my words.
互いに古強者として礼節は守るべきだ。そなたの耳は我が言葉を聞かせるに値する
練達した戦士たちの間にある礼節を信じている。そなたの耳は我が言葉を聞かせるに値する

---
player 005d7 Didn't you try to kill me?
こちらを殺そうとしなかったか?

005f8 The hostility was necessary. I was bound to an oath.
敵対は必然だった。誓いによって縛られているゆえにな
---
player 00371 I have more pressing matters at the moment.
今はそれどころではない

006da Forgive me, Qahnaarin. We will continue this when time releases you from its relentless grasp.
許せ、クァーナーリン。時がそなたを手放した暁には、続けるとしよう…

---

00748 My claws have rended the flesh of innumerable foes, but I have never once been felled on the field of battle.
我が爪は新鮮な肉をあまた引き裂いてきたが、戦場で倒された事は一度もなかった

00425 I therefore honor-name you "Qahnaarin," or Vanquisher in your tongue.
よってそなたに征服者を意味する“クァーナーリン”の名を授けよう

player 00f21 I found you equally worthy.
こちらも互角の相手だと感じた

0071e Your words do me great honor.
名誉ある言葉だ

0020e My desire to speak with you was born from the result of our battle, Qahnaarin.
戦いの果てに、言葉を交わしたいと思ったのだよ、クァーナーリン

00ec1 I merely wish to respectfully ask a favor of you.
そなたに頼み事をさせてもらいたい

player 00e7e What kind of a favor?
頼み事とは?

00ee2 For countless years I've roamed the Soul Cairn, in unintended service to the Ideal Masters.
我は幾星霜もの間ソウル・ケルンをさまよい、意図せずしてアイディール・マスターどもに仕えていた

012d3 Before this, I roamed the skies above Tamriel. I desire to return there.
その前はタムリエルの空をさまよったものだった。戻れればと願っている

player 0081b What's stopping you?
どうして自力では逃げられないのか?

00dd0 I fear that my time here has taken its toll upon me. I share a bond with this dreaded place.
ここには長居しすぎたようだ。我とこの地との繋がりはもはや断てぬ

012d2 If I ventured far from the Soul Cairn, my strength would begin to wane until I was no more.
ソウル・ケルンから離れれば力が衰え、やがてこの身も滅んでしまうだろう

player 011e8 How could I help?
どうすればいい?

006b7 I will place my name with you and grant you the right to call my name from Tamriel.
そなたに我が名を預け、タムリエルから呼びつける事を許そう

004dd Do me this simple honor and I will fight at your side as your Grah-Zeymahzin, your Ally, and teach you my Thu'um.
名誉を証し立てるべく、グラー・ゼイマージンはそなたの兄弟として共に戦場を駆けん。さあ、我がスゥームを授けよう

player 004bd Just call your name in Tamriel? That's it?
タムリエルで名を呼べと? それだけなのか?

0062b Trivial in your mind, perhaps. For me, it would mean a great deal.
そなたにとっては微々たる事かも知れんが、我にとっては大きな意義がある

0072a I don't require an answer, Qahnaarin. Simply speak my name to the heavens when you feel the time is right.
返事はしなくともかまわん、クァーナーリン。ここぞと思った時に、我が名を天に向けて発するがいい

----
(vanira)075dd Speak, if you have aught to say worth the listening.
聞く価値のある話ならば言うがいい

---
player 00adc How did you end up in the Soul Cairn?
どうしてこのソウル・ケルンに?

0045c There was a time when I called Tamriel my home, but those days have long since passed.
タムリエルを故郷としていた頃もあったが、遥か昔の事だ…

0104d The dovah roamed the skies, vying for their small slices of territory that resulted in immense and ultimately fatal battles.
ドヴァーは大空を舞い、細切れとなった領土を奪い合って、やがてどちらかが命を落とすであろう決戦を繰り広げる事になった

player 00f54 Were you a part of all that?
一枚かんでいたのか?

009f1 I was. But unlike some of my brethren, I sought solutions outside the norm in order to maintain my superiority.
いかにも。だが同族の一部とは違い、我は優位を保つために尋常ならざる策を求めたのだ

00357 I began to explore what the dovah call "Alok-Dilon," the ancient forbidden art that you call necromancy.
我はドヴァーの言葉で“アロク・ディロン”、そなたらが死霊術と呼ぶ古代の禁呪に手を染め始めた

player 00e1b So you sought the Soul Cairn for answers.
そのため答えを求めてソウル・ケルンに来たと

00c42 The Ideal Masters assured me that my powers would be unmatched, that I could raise legions of the undead.
アイディール・マスターどもは、我(われ)が無二の力を得て、不死の大軍を作り出せるだろうと念を押した
アイディール・マスターどもは、我(われ)が無二の力を得て、アンデッドの大軍を作り出せるだろうと念を押した

0053b In return, I was to serve them as a Keeper until the death of the one who calls herself Valerica.
ただし、ヴァレリカと名乗る者が死すまで、番人として彼奴らに仕えるのを条件としてだ

00a87 They didn't tell you she was immortal.
不死身だとは聞いてなかったんだな
彼女が不死だとは聞いてなかったんだな

00b3b I discovered too late that the Ideal Masters favor deception over honor and had no intention of releasing me from my binding.
気づいた時には手遅れだった。名誉よりも欺まんを好むアイディール・マスターどもは、我を解き放つつもりなどなかったのだ

0048b They had control of my mind, but fortunately they couldn't possess my soul.
精神は支配されてしまったものの、幸い魂まではとりつかれずにすんだ
精神は支配されてしまったものの、幸い魂までは取られずにすんだ

player 0066d Is that why you're free now?
それで自由になれたのか?

00d64 Free? No. I have been here too long, Qahnaarin.
自由だと? 我はここに長居しすぎたのだ、クァーナーリン

0114b The Soul Cairn has become a part of what I am. I can never fully call Tamriel my home again, or I would surely perish.
ソウル・ケルンは我が存在の一部と化している。タムリエルに戻ろうとしても、この身は滅んでしまうだろう

001e5 I only hope that you will allow me the precious moments of time there through your call.
我を呼び寄せる事で、わずかでもかの地に戻れればと願うばかりだ

---
player xxxxx Why do you call me "Qahnaarin?"
こちらを“クァーナーリン”と呼ぶ理由は?

0102c In my language, the Qahnaarin is the Vanquisher, the one who has bested a fellow dovah in battle.
我らの言葉でクァーナーリンは征服者を意味する。仲間のドヴァーを戦いで打ち破った者の事だ

player 00b49 Fellow dovah? I am not a dragon.
仲間のドヴァー? こっちはドラゴンではないぞ

00a1d You are the Dovahkiin, the Dragonborn. You may not be one of us in body, but you have earned the right to bear this title.
そなたはドヴァーキン、すなわちドラゴンボーンなのだ。身体は我らの一員ではなくとも、この称号を名乗る資格を勝ち得ている

---------
========================
ダーネヴィール
00a2e Ah! The free air of Vus at long last!
ああ、ヴスの自由な空気よ! 待ちかねたぞ!

00571 As promised, I now teach you the first word of Soul Tearing: "Rii" - the essence of your enemy's life force.
約束どおり、ソウル・ティアリングの最初の一語、“リィ”を教えよう。敵の命の粋を意味する
-----------
00331 I can feel my strength returning each time I am set free from that prison!
あの監獄から解き放たれるたびに、力が戻ってくるのが分かる!

00b83 Hear now the second word of Soul Tearing: "Vaaz"- meaning to tear your enemy's soul from its living vessel.
ソウル・ティアリングの2つめの一語、“ヴァーズ”を聞くがいい。敵の魂をその生ける器から引き裂く事を意味する
----------
00c18 You have kept your side of the bargain, now let me fulfill mine.
そなたは約束を守ってくれた。今度は我の番だ

00472 Feel the last word of Soul Tearing within yourself: "Zol" - the unlife that results when a soul is imprisoned in dead flesh.
ソウル・ティアリングの最後の一語、“ゾル”を感じよ。魂が死した肉体に幽閉された時に生じる、不死の事だ

==================
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jp_goyaku

Author:jp_goyaku
この場所の説明:
誤訳かどうか、また文章としてもおかしくないかを検討するため
参考用の会話前後や
特におかしくもない部分もかたっぱしから載せています

ここにのせた文章はすべて検討すべき分だ、と載せているわけではありませんのでご注意ください